住宅購入

住宅購入を機に保障の見直しを

住宅購入の際に住宅ローンを契約した場合は、同時に「団体信用生命保険」に加入するのが一般的です。

「団体信用生命保険(通称:団信)」とは・・・

住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、契約者に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払うというものです。金融機関がローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むため、保険料は安く、加入時年齢による保険料の差がないことが特徴です。

この「団体信用生命保険」に加入していれば契約者の方に万が一のことがあっても残されたご家族は、 以後の住宅ローンに対して心配することなく生活するこができます。
(※固定資産税などの税金や改築費などは備えが必要です。)

「団体信用生命保険」とは別に既に生命保険に加入していて住宅費を保障額に含めていた場合には、この住宅費分の保障額を減額することで、保険料の負担を抑えることを検討してみるのも良いでしょう。