就職

病気やケガをした時に備える「医療保険」

社会人になってまず考えておきたいのが、ご自身の為の病気やケガをした時に備える「医療保険」です。加入を検討する保険は、必要最低限の保障金額で良いでしょう。
若いうちは体力にも健康にも自信があり大丈夫と思っていても、いつ事故や病気で入院するとも限りません。

入院した場合、一日あたりの自己負担費用の平均は19,800円程度と言われています。 一日あたりの入院保険金額5,000円~10,000円を目安に備えておくと良いでしょう。
収入や貯蓄がまだ低く、若いときに一時的にかさむ費用を医療保険にて備えておくことをおすすめします。

万が一の時に備える「死亡保障」

扶養されていない独身の方は、ご自身が万が一亡くなられた後のお葬式代やお墓代などに備えておくと良いでしょう。

亡くなられた後の整理資金(お葬式代・お墓代)は、まとまった金額が必要となります。その他費用も考慮して死亡保障の金額を備えるのが良いでしょう。
同じ商品や保険金額で比較した際、一般的には年齢が若いほど保険料が安くなっています。負担を抑えたい場合には若いうちに加入するのも良いでしょう。